生命情報医科学講座染色体機能学助教(テニュア)
本田 信治(HONDA,SHINJI)

研究室ホームページへ 福井大学医学部医学科 生命情報医科学講座 染色体機能学                              

学位:博士(理学)

研究テーマ

アカパンカビを用いたエピジェネティクス制御機構の解明

研究概要

ヘテロクロマチンはゲノムの安定性、トランスポゾンなどの利己的な遺伝子の不活性化、正常な細胞分裂などの重要な役割を担っている。また異常なヘテロクロマチン化による遺伝子発現分布の変化が癌をはじめ様々な病気と関わっている。しかし、ヘテロクロマチン形成・維持の分子機構は未だに謎が多い。本研究室では、ヘテロクロマチンの解析に優れたアカパンカビ(Neurospora crassa)をモデル生物に用いて、ヘテロクロマチン形成・維持の分子機構の解明を目指す。

研究業績

原著論文

  • Honda, S., Lewis, Z.A., Shimada, K., Fischle, W., Sack, R. and Selker, E.U.
    Heterochromatin Protein 1 forms distinct complexes to direct histone deacetylation and DNA methylation
    Nature Structural & Molecular Biology ,19,471-7, 2012
    (この論文はNature Structural Molecular & Biology の5月号の「今月の論文」に選ばれ、News & Viewsで注目論文として紹介されました)
  • Honda, S., Lewis Z.A., Huarte, M., Cho, L.Y., David, L.L., Shi, Y. and Selker, E.U.
    The DMM complex prevents spreading of DNA methylation from transposons to nearby genes in Neurospora crassa.
    Genes and Development,24, 443-54, 2010
    (この論文はNature, Science, Genes Dev. に注目論文として紹介されました)
  • Honda, S. and Selker, E.U.
    Direct interaction between DNA methyltransferase DIM-2 and HP1 is required for DNA methylation in Neurospora crassa.
    Molecular and Cellular Biology ,28, 6044-55, 2008