科研費「若手研究B」による成果

スピン偏極炭素の反応性:

グラフェンは、酸素を含む多くの反応物質に不活性である。しかしながら、大量に存在し、生産しやすく、高伝導性であることから、様々な方法で反応性を向上させる研究が行われてきた。従来法では、ドーピング等による幾何学的効果が反応性の向上に利用されてきた。本研究では、より優れた酸素反応を得るため、磁性基板を用いたグラフェンの電子構造の変化に着目し、すでに、対酸素反応において磁性グラフェンがドープされたグラフェンとは異なった注目すべき変化を示す場合があることを見出している。本研究には、酸素の相互作用の電子機構に関してDFTを用いており、本現象のメカニズムを解明することにより、さらに新しい反応性グラフェン構造の作成に利用できると考えている。

グラフェンにおける新しいLDOS at EFのメカニズム